Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のトラックバック

お友達のサイト・ブログなど

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月26日 (木)

アリイのバス(昔のチープなプラモデル)

 最近のプラモデルは商用車系も結構発売され、価格帯は兎も角出来も良いので「グラッ…」とくる製品も少なくありませんよね。特にバス好きの私にとっては、フジミ/アオシマの1/32バスプラモは魅力的で改造待ち含め、そこそこ入庫しておりいつになったら完成するねん?状態です。

 一方子供の頃(1970年代)は、バスやタクシーのプラモデルなんてあるはずもなく、専ら紙工作でしたがそんな日常を迎えていた確か小学生の頃、従姉妹の家で見掛けたバスのプラモ!「なんやこのプラモ?」と聞くと、「駅前のオモチャさんで売ってた!」とのことで、すぐさま一目散にそこへ向かいました。

 幸いまだ在庫もあり、数種類あったので我が兄弟でもそれぞれ別の色(種類)を買って帰り、早速組み立てた思い出があります。とは言え、ゼンマイ仕掛けのチープキット…。また当時プラカラーなども知らず、ドキツイ成形色そのままに組立て遊んでいました。窓ガラス用の透明プラ板(エンビ板)も同梱されておらず、小学生の腕ではリアルになるはずが無かったのでした…。その後、遊び倒したのが災いしてタイヤが無くなり、ゼンマイ巻くネジが無くなり…で比較的早期に廃車→「親によって廃棄」されています。(苦笑)

 そんな思いでいっぱいのアリイのバス、近年のネットオークションではプレミアム価格となってしまい、簡単に手が出せませんが、箱無しながら箱絵は切り抜きで付属、キット自体は欠品無しの未組立品を10年近く前に安価で入手することが出来ました。

Img_9751 これがその全貌です。まず当時のプラモはボックスアートが良かった!(それに騙された経験も多々ありますが…)この日野の観光バスを描いたBOXに幼い私はノックアウト!でした。中の車体はご覧のとおり、凡そ箱絵とは程遠い、バス窓の路線仕様で顔もふそう東名ベゼルを意識した顔ながら前面傾斜の富士重ボディの様な感じでした。シリーズで2~3種類あり、国鉄ハイウェイバスをイメージしたモノは青い成形ボディで即窓はメトロ窓でした。

Img_9752

Img_9753  顔部分のアップです。バックの箱絵とは全く違うバスでした。(笑)ふそう東名ベゼルもどきがお分かりかと思います。

Img_9754  こちらリアです。やはり傾斜したボディで西工カマボコ貸切タイプを彷彿させるデザインです。また三連丸テールライトが良い味を出しています。この頃の貸切バスのテールライトは方向指示器が流れるように点滅する「シーケンシャル」タイプでこちらも飽きずに眺めていた記憶が強いです。(余談ながらハザードになると両端だけの点滅になっていたタイプもあったと思います)

Img_9755

Img_9756  こちら、各パーツ類の小袋詰め合わせです。パーツと言っても大きい方はシャーシ、座席、ホィールキャップなど位で、あとはデカール、タイヤ、ゼンマイ、ゼンマイネジ、シャフトが別の小袋に入っており、更になんといってもこの頃のプラモのお約束「ボンド(接着剤)」が付属していることです。いつの頃からかボンド(接着剤)が付属しなくなったのかは分かりませんが、このキットのようなチューブ型のモノや、別に当時のデフォとして平行四辺形の薄っぺらい銀色のパッケージ(と言うのでしょうか?)もありました。チューブ型も蓋は無く、マチバリや千枚通しで塗布部分に穴をあけ、特に後者(平行四辺形パッケ)は直接プラモに使用するのは少々難しく、一旦爪楊枝などで掬うようにして塗布しなければならない代物でした。一方当時の市販のボンドもチューブ型ながら粘度が高く、糸を引くのでやっぱり処理が難かしかったのでした。つまりは小学生にはプラモはまだ早く、大人のモノだったのですね~。

Img_9757_2  組立説明図です。この簡単なイラストがたまりません!当時のチープ系はみなこんな感じで、キットによっては箱の裏が説明図になっているものも多数ありましたね。

 さてさて、この観光バス…当初は色々手を入れてリアルにしよう…と考えていたのですが最近になってキットオリジナル素材でそのまま組み立てるのも悪くない気がしてきました。只、最低限の拘りとして、塗装と窓ガラスは入れてみるつもりです。私はプラモは絶版品でも作る方なので、これも一点ものながらいつの日か完成させるつもりです。

2016年5月25日 (水)

神戸市バス小ネタ(854号と神戸まつりの臨時運用、他)

 石屋川へ転属した854号がようやく捕まりました。当日会社帰りに何気なくフラワロードに立ち寄ったところ、目の前を同車が南向きで通過!これは折り返し便が狙えると、暫し待つことにしました。

Img_2894_2_2  ご覧の通り、超逆光ですが92系統のLED表示も何とか切れずに、運用中を押さえることが出来ました。聞けば同車は予備車らしく、この後も数回目撃情報が出ていましたので、何かの代走なのでしょうね。

 さて、神戸まつりのメインパレードですが市民の皆さんはご存知の通り、そのフラワーロードで開催されますので、ここを経路とする市バス路線は当日の殆どの便が迂回や短縮となります。その中で2・92系統は三宮神社まで辿り着けずに三宮駅が起・終点となるわけですが行先表示は「三 宮」のみで神戸市お得意の「(止り)」表示が昔からありません。素人考えながら神社まで行かないのであれば「(止り)」が欲しいトコロですが…。

只、私も含め市民の多くは「三 宮」と言えば「あの界隈の総称」ですので、それはそれで良いのかも知れません。因みに「三 宮」という名称のバス停はどこにもありませんから、そう考えると結構いい加減なモノですなぁ(笑)

Img_2888_2

Img_2892_2  と言うわけで、当日の2・92の臨時運用表示です。尚、通常運用時でも夜間などで「三 宮」止り便は昔からありますが、表示の方は幕時代含め上画像と同じです。

 話は前後しますが先の転属車、私の未撮影はあと137号のみとなりましたので、時間があれば松原車庫受け持ち管内を彷徨っているのですが、なかなかお目に掛かれません。そんな折り、板宿で相方の138号が研修表示でやって来ました。これが137号だったらなぁ…と思いつつシャッターを切ったのが次の写真。

Img_2887_2  交差点名を入れて、転属車での研修姿を主張してみました。(笑)

ではまた~。

2016年5月19日 (木)

最近見かける神戸近辺のタクシーネタ(2016/05版)

 久々のタクシー単体ネタです。(^^;

先ずは第一交通。全国的に第一化が進んでいますが、神戸では90年代以前に東灘の郵船交通が第一となって以降、同じく東灘の御影タクシー、最近では西神戸のえびすタクシーと老舗系が第一化しております。東灘の元郵船の第一は車番が200番台、元御影タクシーは御影第一となり、車番も300番台になりましたが、元えびす車はえびす時代に希望ナンバー化、自社無線番号が300番台だったためか、第一化の際、確か御影第一須磨営業所となり、以降もそのまま無線番号踏襲で同じ300番台を名乗っています。(希望ナンバー車もナンバーそのまま)御影第一同士ですが、通常エリアが異なるため問題ないのでしょうね。更に近年、東灘の車が西神戸にも転属?でやってきています。これらは元のナンバーのままなので、見るものが見れば一発で分かります。(笑)

 車はここ何年もずっとクラウン・クラウンセダン・クラウンコンフォートでしたが、最近再登録と思われるセドリックも登場。異彩を放っています。

Img_2842  フェンダーミラーでフロントフェンダーのウィンカーの特徴から最終型の一つ手前の型と思われます。グレードもブロアムのエンブレムが付いていますが、装備には詳しくないのでトランクが変わっていればブロアムでないかも・・。また、3ナンバー車ということで、何処かのハイヤーか個人落ちか・・。いずれにしてもこういった怪しい車は個人的に大好きです。

続いて、セダンでは無いタクシーたち・・・。ここ1年ほどでミニバン系が増えてきました。エコカーの影響も大きいでしょうが、今は趣味的に見て珍しい!と思いますが、増殖すると写欲が失せてしまいそうな気がします。タクシーはやっぱりセダンが良い!と個人的には思います。ミニバン系は聞くところによりますと、乗降がちょっと「よっこいしょ!」とせにゃならんそうで・・。

Img_2000_2

Img_2001_2  こちら初春頃に登場していたポルテの個人!噂では聞いていましたが、実際見たときには「・・・」でした。大開口助手席の電動スライドドアが売り物ですが個人的に、見た目タクシーとしてはまだ違和感は拭えません。このスライドドア、早くも不具合が出ているそうですが、タクシーの場合自家用以上に使用頻度が激しいので、その辺りはどうなのか要らぬ心配をしてしまいます。小型車枠ゆえに、神戸では黄色が小型のデフォカラーだけによく似合っていると思います。何年位乗られるのか、気にしておきたいと思う個体です。

Img_9979_2

Img_9980_2

Img_2898_2  続いてシエンタタクシー。こちらも初春頃に法人のポートタクシーが数台導入、その後扇弘タクシー系も導入、最近になって個人でも登場しました。次期トヨタのタクシー専用車もこのシエンタがベースだそうで・・・。こちらも今後少しずつ増えそうな気配がします。色んなカラーが出てくれれば楽しいですね。(笑)

Img_2881_3  続いて定番クラコン。一見タクシーですが白ナンバーです。ドア部分に表記が見えますが白ナンバー有償福祉輸送の「78条許可車両」です。ユニ介護という事業者ですが、10年近く前はこのカラーの緑ナンバーで普通のタクシーを数台確認していますから、後年登録変更されたのでしょう。この個体にも屋根に行灯跡がありました。個人的にこのカラー、好きで愛車購入時にこのカラーがあれば迷わず選定していた・・・と思います。一見メーカーカラーに見えながら、カタログカラーには存在していません。なので、指定色等の特注扱い?なのでしょうか?グレードはデラックスで外観から3次型の様です。

Img_2703  こちら姫路のタクシーですが、ナンバーが「あ・・・1」と抽選対象の文字通りトップナンバーです。幾度と無く見掛けていたモノの逃げられてばかり(笑)で漸く押さえることが出来ました。他にも姫路駅前で見ることの出来る数社は希望ナンバーが増えており、中でも抽選対象の番号も多いです。余談ですが、神戸の「あ・・・1」は東亜タクシーで実車は目撃していたものの、再登録の130後期クラウンで代替が早く、撮影出来ないまま消えていきました。

そうそう、以前 「最近見掛けるちょっと変わった神戸のタクシー」↓

http://kobe-omunibus.blog.eonet.jp/default/2014/09/post-4814.html

で上げていたヒュンダイグレンジャーの個人さんはカムリハイブリッドに代替されていました。一方の東亜タクシーのグレンジャーはまだ健在です。(2016年春現在)

またタクシーネタがたまればお伝えしたいと思います。

2016年5月13日 (金)

神戸まつりといえば「花バス」!でした。4

 この週末、神戸まつりがやってきます!そこで5月のネタとしては定番の花バスです。シリーズネタ?としては1年のご無沙汰ですが、今年も5月に入った辺りから「花バス」で検索され、当ブログへお越し頂いている読者様多数でありがとうございます。昨年は'82年度までの花バスでしたが、今回は翌'83年度をアップします。

◇1983年度

 毎度ながらのアニメテーマですが、近づいてきたユニバシアード神戸大会('85年)のPRを兼ねた装飾も登場しています。また特筆に値するのは種車が旧神戸市のBTから中古購入の大阪市バスBT100Hとなったことで、一挙に近代化されました。個人的には2灯ライト車が消えたのが非常に残念でした。やはり構造上、床下エンジンのBTが好まれたと思われ、神戸市にはBTがいないため、お隣の大阪市からの調達となったのでしょう…。

054640_2  これはその旧大阪市バスの台車状態です。撮影は'84年度ですが花バスの時期が近づくと旧長田工場の建家外に出てきて試運転?をしている姿もみられました。既にベース車体は白に塗られ、ホィールも神戸市グリーンに塗装されていますが、ウィンカーを外している部分に大阪市バスの旧々塗装、縞々塗装が顔を覗かせているのがお分かりかと思います。

1983583  

1983586 1号車、レディジョージィ号。テレビアニメから離れている年齢的なこともあって、普段見ていない番組ではあまり知らないので、悲しいかなこれ以上のコメントは出来ません…(汗;)

1983582

1983598  2号車、マクロス号。名前は知っているのですが、マジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザー、ゲッターロボ辺りで合体ロボ系統の知識は止まっているため、蘊蓄は語れません。この車は両サイドから撮影していました。

1983579

1983599 3号車、ユニバーシアード号。学生を対象にした競技大会で'85年夏には神戸で開催され、そのPRも兼ねたモノです。このシンボルマークがなかなか格好良く、翌年後期の新車から「ユニバーシアードKOBE'85」の文字や企業広告がペイントされた市バスが次々に登場しました。この車は形式写真が撮れていなかったようです。

1983580

1983609 4号車、みゆき号。私の世代では中高生の頃、大ブームとなったあだち充原作のアニメ、「タッチ」と共に並ぶ名作で、よく見ていましたがやっぱりテレビより漫画の方がよかったかなぁ…。という話はさておき上のコマのバス手前、方向幕を利用した埃よけカバー!当時工場内にはこの手のカバーがゴロゴロしていました。下は板宿で大転回する直前の同車。各地では夜間走行でもかなりの人が集まって花バスを見ていました。

1983584

1983617_2  5号車、スラングル号。すみません、まったく覚えのないアニメです。放映は地元サン-TVのようで…。補足できる方よろしくお願いいたします。m(--)m

1983581

1983605  6号車、ときめきトゥナイト号。こちらは覚えがありますが、少女系だったので見てはいなかったかと…。この車のみレンズに指が被ってしまい、こんな写真になっていました。この年はあまり花バスを真面目に撮っていなかったようで、個人的にも満足出来るカットがありませんでした。

1983591_2  長田工場内で出庫前の様子。今までの工場内のカットでも見えますが、かつての神戸市電のレール跡が残っているのが分かります。それにしてもこの工場、本当に魅力的でした。

1983606  この年のポスター…ですが、不用意に焚いたフラッシュで余計見えにくくなっており、特に肝心の車両名が判別出来無い写真になっていました…。こういったこともフィルム時代はしょっちゅうでしたね。

1983585  最後に台車BTの運転席廻りを…。この時代の日野車の標準的なメーター廻りです。神戸ではBT100Hはいませんでしたが、同世代のRE100もこれでした。懐かしいと共に今のバスと比べるとおもちゃみたいも見えますね。(笑)

 この先、花バスはアニメテーマが続いたことあってか、段々写真が減っている様子なので、来年以降用のネタに取っておきたいと思いますので、今回はこの単年度でお許しを~。

2016年5月10日 (火)

神戸交通振興の7Eにも新路線用幕確認、と5系統ノンステ車。

◎交通振興630号

 今日は朝から雨模様ですが、先の話題で取り上げた転属車854号をダメもとで狙いに三宮で待っていました。結果私のいた時間帯には現れずそろそろ諦めて移動しようかぁ・・・と思った時に不意に交通振興の7Eが眼の前に!「ありゃ、山手線入っとるがな」というわけで、折り返し便を狙うために電車で神戸駅に先回りしました~。

Img_2860  まずは楠公前交差点でゲット。このカットはちょっと顔がぶれてしまいましたが、個人的には許容範囲です。この車が振興へ移籍した頃は、「湊川公園=新神戸/三宮」系統でよく見ることが出来たのですが、中型車導入後はポートアイランド線運用が主となり、こちらで見かける機会がメッキリ減りました。

Img_2863

Img_2866  こちらはターミナルでの時間待ちと、出発後のカット。出発後はもう少しいい角度で撮りたかったのですが、丁度11系統乗り場にバスが着いていたためにこのアングルとなりました。(^^;

Img_2870  こちらオマケで幕回しの最中に狙いました。ということで、以前の「湊川公園」「新神戸駅」「三  宮」「回  送」の下に今回の新路線用幕が継ぎ接ぎされているのも確認出来ました。因みに本日の相方運用はミディの694号でした。普段幕車は693号をよく見るのですが、今日午前から午後一辺りは見かけませんでした。

◎5系統ノンステ

 以前、読者様からコメントを頂いた5系統妙法寺便のノンステ運用、私も今日やっと押さえることが出来ました。春の改正で登場した模様ですね。

Img_2874

Img_2876  元5系統利用者としては、やっと見れたノンステ運用で一寸新鮮ですね。只、若草町の回転地が通常では乗り入れしにくいと見えて、妙法寺便で見ることが出来るようです。しかしながら妙法寺便すべてがノンステでは無いようで従来通りのワンステ運用も見掛けます。そういえば、5系統の経路も板宿以北でかなり道路整備が進み、段々昔の面影が消えていく気配です。よく利用していたのが30年前ですから当たり前ですが、当時あの道が広く整備される・・・なんて思ってもいませんでした。道路整備に伴い当然ながら、味のある道路沿いの民家などがかなり姿を消しました。昔、経路上で何枚か撮影しているので、また機会あれば取り上げてみたいと思います。そう、定点撮影が良いですね。

2016年5月 6日 (金)

早くも市バス新車が転属!と、三宮での小ネタ

 3月に納車されたばかりの137・138号が転属となり、石屋川から松原に行っています!以前から石屋川の新車は何かしら早い目に転属してしまう・・・という動きはありましたが今回は早すぎです。何か事情があったものと思われます。

Img_2829

Img_2831  転属は先月末だったようで、すぐに4系統などでの目撃情報が短文・通信系SNSで上がっていましたが、私は138号を95系統で捉えました。

Img_1993

Img_1999  こちら2枚は再掲画像も含まれますが、石屋川時代の138号です。代わりに松原からは経年の259号と854号が転属、特に259号は新製配置は石屋川なので、出戻りになります。以前は同期も予備扱いが多かったようですが、ここの処258・260号ともよく見掛けるので、ダメもとで朝ラッシュ時に待ち構えていましたら、ありがたいことに90系統でやってきました。

Img_2797

Img_2799

Img_2527_2  上2枚が転属後の259号、一番下は何気なく先月初旬に撮っていた同車です。枝系統や臨時表示がことのほか好みですので「松原5丁目(止り)」だったこともあり、カメラを向けましたが、結果よい記録となりました。(^^)

 残りの137・854号は後日リベンジとしたいトコロですが、137号は兎も角854号はまだ営業目撃情報が上がっていないので、作戦が立てれません~。(^^)

 さて三宮での小ネタとして、かなり昔に阪急電車の5563号がバックに写る、市バス538号を撮影しているのですが、その両者を現在の姿で再度並べてみた写真を以前から狙っています。さすがにバスは世代代わりの538号ですが電車は更新されるも当時の車両です。今回、三宮で撮影中に阪急電車の5001~編成を見掛けたので、ダメもとで以前のポイントに移動し、待っていました。結果は残念ながらバスの方が5分ほど遅く、残念でしたが一応現行エルガ520号と5563号のツーショットは撮れました・・。

538376

Img_2808  昔から撮影していますと、たまにこういったお遊び的定点撮影も思いつくので、私の中では次はどのシーンを狙おうか・・・と模索しています。

Img_2812  最後にその5分後にやってきた現538号と阪急電車のツーショットで今回は終わりたいと思います。そういえば阪急三宮ビル、建て替え計画が発表されましたね。今の姿も結構長いですが、記録に留めていきたいトコロです。

2016年5月 4日 (水)

山陽電車と山陽バス、春の話題(特15系統・発車式・80周年)

 本年度に入って、山陽電車と山陽バスで動きが沢山ありましたので、時系列で簡単に纏めてみました。

◎山陽バス特15系統新設(4/1)

 短文通信系SNSで早いウチから話題になっていた神戸市バス/山陽バスの15系統のウチ、山陽バスも遂に「北須磨高校経由」便が登場することとなり、系統番号が今までの山陽バスでは見たことがない「特」という文字が入った「特15系統」となりました。同時に便数も増えているようです。元々、開設時は神戸市バスが北須磨高校回り、山陽バスが国立病院経由(当時名称)だったのですが、新設後30年近く経って山陽バスが経路新設となりました。系統の性格上、高校経由は通学時に設定が多くなっています。

Img_2591  ご覧のように少々派手なLED表示ですが、分かりやすくなっているかと思います。

Img_2600

Img_2595

Img_2598  また今回なんとキュービックの3951号が復活したとかでこちらの方がより大きい話題になっている感じです。画像はその3951号ですが、特15系統専用車とのことで乗車口にも「特15系統北須磨高校経由」のマグネットシートがデカデカと貼り付けられています。

Img_2602  今のところ、平日のみ3951号の姿が見られるようですので、撮影される方はご注意を…。

◎6000系発車式(4/27)

 話題の新形式車両6000系の発車式がさる4/27、姫路駅で行われました。私も神姫バスの撮影も兼ねて、三宮・姫路1dayチケット片手に神戸から出動です。姫路到着後、既に1・2番乗り場ホームでは式の準備が進んでいます。発車式は10:45~とのアナウンスで、時間が近づくにつれ、カメラ片手のファンがたくさん集まってきました。

Img_2638_2  

Img_2640_2 程なく1番線に6100-6300-6000が入線、カメラの放列を浴びていました。ここからでは一応形式写真らしきものが撮れますので、今までうまく撮れていなかった中間車も…今回はうまくいきました。では以下式典前後の様子を…。

Img_2646_2

Img_2650_2

Img_2667_2  姫路の「お城の女王」さんと「しろまる姫(だったか?」も参加。本当はいい感じのサービスショットもあってアップしたかったのですが、関係者さん含めお顔バッチリになってしまうので、このカットでご勘弁を…。

Img_2677_2

Img_2680_2  式典最中に乗り換え相手の3000号編成が2番線に入線。なかなか粋な計らいでは無いかと思います。この辺り山陽電車は上手ですね。(笑)そして、たくさんの関係者さん、ファンの皆さんに見守られ慌ただしく、営業列車として阪急神戸三宮行きとして出発していきました。末永い活躍を期待したい…のですが、反面落ちる編成がどれになるかこちらも気になる事案ですね。

◎山陽バス80周年(5/1)

 これは恥ずかしながら正直知りませんでした。かつて60周年だったかで、テレカか何かの発売とポスターを見た記憶はありますが、日付までは覚えていませんでした。80周年と言いましても、途中分社化で歴史は一旦リセットされると思っていたのですが、引き継いでいるようですね。今は黄色い山陽バスですが、私の中では未だに緑と肌色の山陽電鉄バスがデフォですね。(笑)こちらの方も末永い活躍を期待したいと思います。

012539_2

 

021806_2  画像はいずれも清水が丘の車庫で80年代の撮影で、まだBU・BA・CJM系しか居なかった頃です。以前にも書きましたが、やっぱりリアの「文明堂のカステラ」が決まっています。(笑)