Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のトラックバック

お友達のサイト・ブログなど

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

淡路交通鉄道線廃止から半世紀…

 今日9/30は兵庫県は淡路島で島の鉄道として知られていた淡路交通鉄道線の廃止された日でした。(1966年)残念ながら私は廃止後にこの世に産まれましたので、乗車体験はおろか姿すら写真でしか知りません。最近になってネットやら趣味誌で同鉄道線の足跡がかなり発表されるようになり、当時を知らない私はこれらの情報を楽しく拝見させて頂いております。また同社のバスもひとまず30年近く前から一時期を覗いて撮影してきたのは以前にも述べたとおりで、何かしら昔から気になる会社でした。更に鉄道模型もやっている関係で、いつかは16番スケールで同社鉄道線の車両も手にしたい…と思っており、昨年に史料館で淡路の鉄道展(だったでしたか…)を見たことをきっかけに、自作車両と以前入手したキットで少しづつ製作を進めています。今回はそれらの話題でざっくり進めていきたいと思います。

◎鉄道線廃止跡(下加茂駅跡)  

 前述の通り、同社鉄道線の足跡は書籍・ネットなどで次々発表されているので、それを元に散策されている方は私だけでは無いと思います。なので全線に亘る内容はそれらの詳しいサイト様などをご参照頂き、こちらではまだネットが普及する前に辛うじて撮影出来た線路跡を一ヶ所ですがご紹介したいと思います。この場所を教えて頂いたのは、地元の洲本(すもと)市で中華料理店を営まれていた、Y氏なのですが同氏は淡路島にやってくる観光バスの写真を取り集めておられ、そのことが縁で何度もお邪魔するようになり色々なお話の中で「実は鉄道時代の跡がまだ何カ所かあり、ハッキリ分かる場所がある」と言うことで連れていって頂いた時の物です。

Simogamo388

Simogamo389  時は1994年初頭で、旧下加茂(しもがも)駅跡です。上の写真はプラットホームの跡もハッキリ分かりますね。下はそのホーム跡端付近から南向き線路跡を覗いた様子です。なだらかなカーブが線路敷を彷彿させます。

Simogamo390  こちらは旧駅と同名のバス停です。上の写真の反対側から見た角度になります。バス停奥にホーム跡が見られます。右の砂利道が線路跡。そして…

Img_0139  こちら2015年12月撮影の同じ場所です。ご覧のように約20年で綺麗なまでに足跡が消え去り道路幅が広がったこともあって一寸分かり難くなっていますが、なだらかなカーブと道路左奥の白い住宅は上の写真の頃からありますので、それで判別出来ます。'94年当時、この線路跡砂利道は途中までしか車で行けない…だったかで確かめてはいませんが、今年に入ってからこの道路を突き進みますと、かなり先まで進めました。と言いますか、それだけ線路跡が整備されてしまった…ということになります。実は先にご紹介したY氏、この駅で旧阪神電車600型が停車している写真をお持ちで、それを見せて頂いたことから「ここへ行ってみましょう!」と言うことになり、後年その写真も頂いたのですが、今回はまだ転載許可のお話をしていないため、掲載していませんがいずれまたご紹介出来る機会もあろうかと思います。

 他、別の場所で旧鉄道車両(小型客車)を活用した倉庫も撮影しているのですが、一寸ネガが探し切れていないので今回は見送りました。これもまたの機会に…。

◎で、淡路交通の模型車両

 この失礼ながらマイナーとも言える、同社の鉄道車両が所謂皆さんのよく見られる模型メーカーで製品化されるわけもなく、自作は必須と思っていました。製作に選んだのは旧南海車改造+淡路オリジナルのモハ1003+モハ2009と旧阪神電鉄のモハ609+610です。モハ1003の2両の方は得意?のペーパー製で進めていましたが、旧阪神の方はありがたいことにNEXT製のキットが入手出来ました。実はこのNEXTの社長さんは私の趣味の旧い知人、イヤ師匠とも呼べる方で、まだ学生自分から何も知らない若造にバスのこと、鉄道のこと、そして模型のこと、時には人生相談と実に四半世紀に渡りお付き合いさせて頂いております。そのような関係ゆえ、このキットもありがたいことに箱やラベルなど特別製にして頂け、感謝感激です。(記事化にあたり、社長さんには特別製キットということでのアップ許可を頂きました)先ずはいささか手前味噌ながら、ペーパー自作中のモハ1003+2009の様子を…。

Img_9947  モハ1003。旧南海の卵形車両をそのイメージを残して半?鋼体化した車両です。久し振りの方眼紙で車体を作っています。またリベット付き車体なので、千枚通しで貫通させないように先を押しつけてリベットをそれらしく作りました。(あくまでもそれらしく…です)

Img_9950

Img_9954 一通り組み立て、正面窓下の鋼板部分はリベットをそれらしく突いた別の紙を巻いて、サフェを吹き付けました。

Img_9980 しかし、リベット表現がややオーバースケールになっていることが気になり、結局この部分を派がして、一回り小さい表現に直した物を再度貼り付けました。上の写真がそうですが、あんまり分かりませんかね?(笑) 同時にオデコ部分も紙・パテ・瞬間接着剤で形にまとめて、成型していきますが、まだこの辺りで止まっています。この後はこの車両の特徴でもあるダブルルーフの工作が待っています…。

Img_9978_2  続いてモハ2009。こちらはケント紙系の紙で、セコセコ窓を抜いていきます。この写真では一寸分かり難いですが、実は初めて「二段窓」表現を試みています。

Img_9981  この2両は現在この状態…。下廻りや屋根廻りのパーツは揃えているので、早く進めていきたいところです。

Img_0133  続いてNEXT製特製キット!他の資料書籍と共に…のカットですが、最初はこの車両も自作を考えていたところ、同社製キットのラインナップで出ていることから、社長さんに在庫確認の上、このラベルの状態で納品されたものです。

Img_0136

Img_0134

Img_0135

 最近各社で製品化されているレーザーカットのモノで、窓が抜けている…とうのは精神衛生上も大変宜しいことで、こちらも一通りのパーツは揃えましたのでキットを活かした良い作品に仕上げていきたいトコロです。さて、キット内容も申し分無いのですが、何より私にとって「手書きの説明書」が大変ポイント高いです。と言うのも、それこそネットが普及する前に模型関係で色々ご教示頂いていた際、当時の文明の利器は「FAX」で色々絵図面などが「ジジッ」と送られてきていたのですが、上の絵図面がまさにその頃を思い出す懐かしい説明書なのです…。(^^) これからも素晴らしい製品の登場を期待したいと思います。

 最後に、鉄道車両の廃車体は今回アップ出来ませんでしたので変わりに'94年当時に撮影したバスの廃車体をアップして終わりにしたいと思います。

436810_2  この当時、島内にはまだまだ同社の'60年代後半~'70年代前半の廃車体も残っていたのですが、2000年代まで相次いで消滅。またいずれ、それらの廃車体にもスポットを当てて、アップ予定です。尚この個体も再訪していませんが、現存しているかどうか分かりません。'79年式、BU15D-川重。('88年3月廃車)

2016年9月22日 (木)

シティループ開業の頃

 昔のネガをチマチマスキャンしてデジタル化する作業を暇を見つけて進めていますが、その中で、初期シティループの写真が出てきたので、関連話と併せて話題にしてみました。

 まず'87年に神戸港開港120年祭が行われ、その中の一環で5月のGW期間中、中突堤周辺を改装した、メリケンパーク(公園)から三宮までループバスを期間限定で走らせました。この時に使用したのは神戸市営観光車で将来、ループバスを走らせる構想があり、レトロ調のバスをイメージしたイラストを描いた今でいうラッピングを纏った車両でした。

160672

160673

160674  上3枚がその時の写真で、真っ白な車体にバスやコンパニオンさんのイラストが描かれているのが何となくお分かりかと思います。今にして思えば、もっと側面が分かるように撮っておくべきなのでしょうが・・。この時の名称は「神戸都心周遊観光バス」でした。また使用車両は確認できている限りでは当時最新鋭の'86年式、P-MS725S:613~615号で、ラッピング?の為局番は見えませんが、車両ごとに愛称も付けられ613:水兵さん、614:ハイカラさん、615:異人さん、といずれも港町を連想させるものになっています。(市営貸切車としての愛称は別に持っています。)

(残念ながらこの辺りのネガは少々劣化が進み、色調がおかしいのですが改めて補正掛けてスキャンしなおしたいと思います。)

 そして、ループバスの構想も本格化となり、'89年5月の神戸まつりパレードではトラックを改装したフロートでループバスのイメージ車両が登場しました。

247295

247296  2両用意されていますが、ナンバー付は先頭のみで後ろとはワイヤーで繋がれています。2両ともトラムをイメージしたような感じでゆえに「連結運転」なのでしょうか?(笑)

 前は嘗ての神戸市電をイメージしたような色合いで屋根にはトロリーポールもそれらしく配置、正面オデコにはしっかり「交通局章」が貼られているのが確認できます。後部の方は海外のケーブルカー型ともいえる意匠で、コンパニオンさんたちの姿も確認出来ますね。個人的にはベース車がなんだったのか未だに気になっていますが、4ナンバーのトラック・・ベースらしいという以外手掛かりなしです。牽引という形を取っているのかとは思いますが、それにしてもよく通行許可が下りたなぁ・・と。(笑)

 そして翌'90年4月にシティループという愛称で都心界隈を走り始めました。

287812

287813  夜間撮影で三脚なんて立てませんからブレブレですが、当初は可愛いバス停標柱だったことが取り敢えず分かります。この当時ですのでバス停名は当然「阪神前」です。さて用意された車はいすゞの小型車U-MR112Dで車体は中北工作所製です。4両用意され「神戸22あ・2 63~・2 66」で登録、ナンバー順にCL1:きたの、CL2:さんのみや、CL3:めりけん、CL4:もとまち とコース内の地名を取った愛称となりました。小型車ベースとなったのはコース上、狭隘路もあるためですが、当時の大人の事情もあったとかなかったとか・・・。

287814

287816

287817  運行形態としては、形式上ワンマンですのでドライバー氏が乗降扉とテープを操作、コンパニオンさんは乗降時案内などとなっていました。この3枚、一番上は三宮(阪神前)、他は当時のメリケンパーク回転地兼バス停で、下は三宮から延長運転となった今は無き「急行1系統」とのツーショットです。

 開業から結構な乗車率で、ゆえに小型車ベースでは積み残しも多発・・という事態にもなり、この後暫くしてサイズアップした車両が投入されることになりますが、その辺はまたネガの整理が出来てから・・と言うことで。最後に当初のパンフレットを掲載して今回は終わりとします。

Posutar442

Posutar443

2016年9月 7日 (水)

山陽バスに新型エルガ登場!(その2:ラッピング車編)

  山陽バスの新型エルガが走り出して一週間ほどが過ぎましたが、ようやくラッピング車の方も撮影できました。80周年記念ということこで、歴代の車両を纏ったデザインのラッピングですが、ここは昔から山陽バスを撮ってきた強み?を活かして、描かれている車両の内、近年の車両にもスポットを当ててみることにしましょう。

Img_4512_4

Img_4495_3 先ずは新車から。この5653A号はここのところ23系統での目撃情報が相次いでおりましたので、私も垂水東口で暫し待っていました。今回は1時間ほどの立ちんぼとなりましたが、なんとかお目に掛かれました。公式側が例によって慌て気味で、露出を必要以上に触ってしまい、顔が少々残念な結果に…。非公式側も一寸白飛びしてしまっていますね。 

Img_4513_2 待機場は条件上、逆光になってしまいますが仕方ありません。停車中で顔の光線具合は兎も角、ひとまずきれいに撮れそうなので露出を逆光対応にして押さえました。

Img_4500_2

Img_4516_2  続いて真横気味に…。歴代の車両が描かれていますね。左から旧塗装のモノコック、'50年代のボンネット、新塗装のモノコック、最後リア部分は'60年代のボンネットです。ボンネットの内、'50年代のモノは見たことが無い写真でしたが、こんなのも居たのですね。'60年代の方はいすゞのヒット型式BXシリーズですが、この顔の生産期間は短かったので、あまり多くなかったのでは無いでしょうか?

2416796_2

2415794_2

 さて、前方に描かれているのはこちらの車両で'81年式、K-CJM470です。仕様的には前面幕もまだ従来型、リーフサスと近隣事業者と変わりありません。描かれているのは上の2119号ですが、当方手持ち写真は新塗装化後しか撮れていないため、同期の旧塗装時代2118号を併せてアップしておきます。ラッピングの写真、「21:垂水鈴木橋」も懐かしい幕ですね。

2795793_2  もう1台、ドア部分に描かれているのがこちら2330号、'83年式K-CQA500です。上と比較すると前面大型幕、型式から読みとれるように、高出力エンジン、エアサス、標準尺系と豪華になっています。またこの頃名谷線は前乗りでしたが、将来を見据えて側面幕も後位のみです。それにしても、このモノコック車に新塗装はなかなか思い切ったものだと、当時思いました。

◎オマケ

 さて、垂水東口や垂水駅界隈ではお目当てのバス待ちの間、ひっきりなしにやってくるタクシーチェックも欠かせません。その中で小ネタを発見!山陽タクシーに無線番号とナンバーが完全合致した個体がいました。

Img_4501_3  山陽タクシーの無線番号はリア窓の下に山吹色の数字ステッカーを貼っていますが、この画像でナンバーと合致しているのがお分かりでしょうか?山陽タクシーは800~900番台の無線番号を各車に独自に振っているので、ナンバーと合致するのは極めて希です。見ている感じでは垂水タクシー廃業時の増車にこの97*辺りが付番されています。今回は偶然とは思いますが、見掛けて思わず撮影です。余談ですが山陽タクシーには「あ99-99」という個体もいますよ。垂水界隈へ出掛けられたら、探してみて下さい。得した気分になるかも?(^^)