Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のトラックバック

お友達のサイト・ブログなど

その他自動車 Feed

2015年7月17日 (金)

神戸フェリーバスの新型エアロスターと続々ピンクのクラウン

 少し仕事が続いて更新が滞っていましたが、先日三宮で見掛けたフェリーバスのレポート他を簡単にお届けします。

 SNSでフェリーバスに新車が入った!と情報を受けたのが先週辺り。三宮で朝から粘れば見ることは出来るかな、と出動してみました。世間様は通勤・通学ラッシュ時間帯ですがこちらは軽装でカメラ担いだ怪しいオッチャン?状態でした。

 このフェリーバスもツーステはまだ残っており、636号は最近学校送迎貸切用途が多いようで、この時間帯は結構見ることが出来ます。一方、お目当ての新車はなかなかやってきません。尤も便数も多くないので、致し方がないのですが…。他にも市バスの転属車撮影目的もあったので、ヒマはしないで済みましたがそれでも諦めて引き上げようとしたときに漸くお目に掛かれました。

Img_9651_2

Img_9653_2

Img_9654_2  ご覧のように「ワンステ」で投入されています。またクーラーユニットが三菱重工製というのもポイントでしょうか?(笑)型式的にはMP35FM辺りかと…。

 代替廃車は何なのかこちらでは把握できていませんが、ツーステの425号を最近見ていないので気になっています。

Img_9486_2  画像は今月初旬の撮影です。それにしても前後ドア車は個人的に格好良くて好きですね。(笑)かつて、フェリーバスと言えば京都バスの譲受車たちとその関係から、神戸では珍しかった「日産デ=富士重工」が標準でしたが、すっかり様変わりしてしまいましたね。

 さて、話題変わってピンクのクラウン。

Img_9618_2同日三宮交差点で不意にやって来たので、リアスタイルしか撮れませんでしたが、やはりインパクトあります。この個体は私が以前取り上げた物とナンバーが違っており、別の個体だと思われます。地元神戸ナンバーでしたので、またいつか何処かでお目に掛かれることもあるでしょう…。

2014年9月17日 (水)

新車登録の自家用クラウンコンフォートって珍しいですか?(さよなら初代アルプス銀水タクシー)

 さてさて、いつも拙ブログに色々ご教示・ご協力頂いておりますHNアルプス銀水タクシー様の愛車、クラウン・コンフォートがエコカー化されるに伴い、残念ながら譲渡となりました。私の愛車もクラウン・コンフォートですが、丁度購入前にお知り合いになれたアルプス様の愛車に試乗させて頂き、購入を決めるきっかけの一つになった思い出の車です。  

 今回はいささか旧聞になってしまいましたが「アルプス銀水タクシー」(勿論播磨観光タクシー同様架空のお遊びのネーミングです)の最後の姿を収められた同氏の画像を中心にお伝えしたいと思います。  

 同氏の愛車はタクシー落ちでは無く、新車で'96年(平成8)式のE-YXS10型となり、同年の登録なので当然2ケタナンバーで「神戸79」を付けておられました。私が今まで見かけた新車登録と思われる「神戸79」のクラウン・コンフォートは他に1台濃い灰色のスタンダードと2台のみです。 同氏曰く、「79で登録出来たのは付け替え再登録ではなく、新型登場時の新車であることを主張する重要なアイテム」だったそうです。確かにこの手の車はタクシー落ちが多いため、見る人が見ると分かりますからね。因みに私の愛車は3ケタナンバー化後の希望ナンバーですので、クラウン・コンフォート登場後2年越えということもあり新車登録ですが、そこを主張出来ないのが辛い処です。(笑)

2332135 これは私の最初と現在の愛車、コロナマークⅡL(E-MX40)とクラウン・コンフォート(GF-YXS10)納車時のショットで最初で最後のツーショットです。免許取得後30年近く経っておりますがその間の愛車遍歴はこの2台だけです。元々セダンや旧車好きだったので他の車に大きく浮気することなく、今に至っています。マークⅡの話題は今回の趣旨から外れますので割愛しますが、'99年初頭まで現役でした。いずれこの話題もご紹介したいと思います。  

 私のクラウン・コンフォートはアルプス様の愛車と正反対?とも言える姿で氏の「個人、ハイヤー系」の印象に対し、敢えてスタンダード系「タクシー落ち」の姿を狙いました。スタンダードは座席のリクライニングが運転席だけとか、装備がホントにショボく自家使用で最低限の満足度?を得られるにはやはり「デラックス」グレードとなり、側面のモールが自動的に付いてきますので、スタンダードとは異なりますがせめても…と思いホイールキャップレスで注文。しっかりその分は値引きになっていました。(笑)そんな両車が並ぶとその対比も面白い処です。 購入後、AMラジオしか無かった音響関係ですがさすがに自家用でそれでは厳しいので、CDチェンジャーも含めたカーステレオ関係の工事をアルプス様に依頼し、綺麗に改造して頂けました。下の画像は改造時に遠征して頂いた際のカットです。

2332136 

 私の話はさておき、この3月初旬にアルプス様はその名の通りアルプス地方へのお別れ走行後、同月末に神戸市内を回られ、車の新天地である中国地方までのさよなら運転を決行されました。当日、私は仕事でランデブーが出来なかったのが心残りですが、いつか新天地でグリーンナンバー化された同車を見学したいと思っております。 下の3点はアルプス様の撮影です。

Photo    さよなら信州編 最後のLPG充填(松本市大手 サンリン㈱松本オートガススタンド)

Photo_2     同    中央線贄川駅前

Photo_3  さよなら回送編 中突堤

 こうして初代アルプス銀水タクシーは同氏の元を去っていきました。お疲れ様でした!

※今回のお話は早くにアルプス様からお話を頂いていたモノの、私のサボりと入院~体調不良から、まとめるにあたって日数が掛かってしまい、ブログアップに時間が掛かってしまいましたことをアルプス様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

  「似たようなお車を趣味でお乗りの方」は他にもおられませんか~!?。

2014年4月16日 (水)

ピンクのクラウン番外編(トミカ)

 前回、見掛けることが出来た~とアップして以降、街中で他の個体にまったくお目に掛かることが出来ません。やはりレア度は高い様で。

 そんなおり、先日某大型スーパーの玩具売り場のトミカコーナーにピンクのクラウンが並んでいるのを発見!久しぶりに衝動買いをしてしまいました。しかし、私はこの商品について知識が無くいつの新製品かも分からない状態でした。その後ネットで調べてみると2月の新車だったようで、しかも生産数が少ない!とかで品切れ店続出→ネットオークションでは高値で取引されている旨を知りました。今回見掛けたのは再生産後のものなのかどうか分かりませんが、そのコーナーには普通に在庫はありました。

Img_0495_2

Img_0496_2

Img_0497_2 ところでこの車、ドアも開かずディスプレイ用にも思え、大人を意識しているのかな?いや、200系クラウンパトカーもドア開かなかったなぁ…。

 思い返してみれば、2月以降何度か玩具売り場ミニカーチェックもしていますが、そう言えばこのクラウンを見掛けたことがありません。もしかするとこのまま存在を知ることなく終わっていたかも知れませんね。たまたまだったとはいえ私にとってはラッキーなお買い物でした。

2014年1月10日 (金)

続、ピンクのクラウン

例のピンクのクラウンですが、本日発見?しました。しかも近所で…。珍しいどころか見ようと思えば毎日見れる距離で…。県下で20台~30程度の登録というお話を聞いて、なかなか見れないだろうなぁ…と思っていたのですがあっけない展開でした。車検ステッカーから12月には登録されていたようです。

Img_0182

Img_0180

2013年12月23日 (月)

ピンクのクラウン

秋頃にトヨタが新型クラウンで限定色「ピンクのクラウン」発売を発表しましたよね。

20131223_153104_2 上はちょっと保存状態がよくないので、折れシワ付きですが当時の新聞全面広告です。
その後、どうなったのか気になっていましたが結局全国で受注された台数が600台近くだった…という記事を新聞か何かで読みました。

先日愛車を車検に出した際、その話が出てきましてディーラー側としてはキャンセルされたく無い部類の車に入るようで…。まぁそりゃそうですね。私は「営業車と」か「変な車」が好きな方なので、カタログは入手していました。もっとも、実際に乗れる状態では無いので、いずれ210系クラウンのプラモデルが出れば製作してみたい…という目論見ですが。

以下カタログです。

20131223_152749_2

20131223_152812

20131223_152828

20131223_152839

20131223_152905 
で、数日後たまたま近くのディーラーを通りがかった際にピンクのクラウンが展示されているのを横目で見つけ、私の中で「これは旬なネタ」と思い翌日お邪魔してきました。

Img_0139

Img_0136

Img_0137

Img_0138 初めて実車を見ましたがなかなか鮮やかなピンクです。あのクラウンが少し小さく見える…とは同行した家族の弁。係の人に少しこの車について伺いますと、「展示車はデモカーで塗装を変更したのみで内装は実車とは異なります」とのこと。なるほどカタログの車内写真とは違っていました。また地元兵庫県下では20~30台の受注があったそうです。実車が見られるのは年明け中頃以降になりそうですが、見掛けたら「ハッピー」な気持ちになると良いですね。

最近の歴代クラウンはちゃんとプラモデル化されており、先代の200系クラウンも商品化されておりますが私はまだ180系の方が好みですね。しかしながら200系、パトカーだけは買ってしまいました。

20131223_152950_2 
年明けの実車登場と、いつか分かりませんがプラモデル登場(確かまだ出ていませんでしたね…)を期待しつつ今回はこの辺で…。